寛容のパラドクス

 

こんにちは。株式会社楓和工業、社長の村川です。


東京オリンピック、パラリンピックが無事に終わりましたね。

開催前はずいぶんと、その是非について賛否両論があったように思います。

それは開催期間中にもありましたが、終わってみれば私は素晴らしいオリンピックだったと思いました。

このコロナ過において関係者の方々の尽力で、また選手の皆さんの純粋に頑張っている姿に、本当にこの困難な状況で出来得る最高の大会だったのではないかと思いました。


オリンピックが開催される前は、私は勝手ながら

「こんなにも祝福や歓迎されないオリンピックに出場する選手は本当にかわいそうだ。」

「なんて不運なんだろう。」と思っていました。

もう1年でも新型コロナウィルスのパンデミックが遅かったら、東京オリンピック、パラリンピックは普通に開催され、日本中から世界中から注目され歓迎され、祝福されたのにとどうしても思ってしまっていました。


なんなら、「今この状況でオリンピックなんて普通やるかあ」なんて批判すらしていました。


ところが選手たちは、大会が開催され競技を終えたあとに受けるインタビューで、異口同音に大会が開催されたことへの感謝や、競技できたことの感謝、そしてこれまで支えてくれた方々への感謝の言葉を各々たくさん届けていました。


本当に感動しました。

競技中はもちろん、その結果やその後の競技者の方々のインタビュー。

本当に感動しました。


私は最近少し考えます。


いつからこんなに許せない世の中になったのでしょうか?

いつからこんなに自分の正義を押し付ける世の中になったのでしょうか?

いつから素直に受け入れたり、称賛することをしなくなったのでしょうか?

本当にいつからこんなに不寛容になったのでしょうか?


元日本代表のサッカー選手、本田圭佑選手も先日、SNSで公園でのある出来事についてつぶやいていました。


何もかも寛容することは危険なことだとほとんどの人がわかっています。

しかし今のこの不寛容さは異常に思えます。


・・・と、ここまで柄にもなく哲学っぽくなってしまいました。


とにもかくにも、今年もあっという間に残り1/3となってしまいました。

そしてこの1年のほとんどが新型コロナウィルスの流行で何かしらの制限があり続けています。


どうか後悔しない1年を。

自分だけではなく、みんなが後悔なく過ごせる1年を。

と願っています。






 

株式会社 楓和工業 では新たな人材を募集しています。


ホームページでも求人情報、募集要項がご覧いただけます。ハローワークからの応募も可能です!


★LINEからの求人応募も可能です!

https://works.do/R/ti/p/fuwa.kanri@fuwa-k


【 配管工/据付工/溶接工/機械据付及びメンテナンス 】も引き続き募集しています。