配管検査

 

こんにちは!

三重県四日市市にある 株式会社楓和工業 です!


今回のブログの担当は私、工事課の佐藤です。

ご無沙汰しております。


現在は久々に四日市にある化学プラント工場内での現場仕事を行っています

5月半ばだというのに早くも梅雨入りし、雨と湿気なのか、自分の汗なのかよくわからないですが、毎日作業着がベタベタになっております。


化学プラントの設備はかなり古い物もあり、今回はその古い設備の更新を行います。今は禁止されている材料などがあり、撤去作業は特殊な保護具などを着用しての作業になる為、更に汗でベタベタです。少しだけ痩せそうです(ラッキー☆)


今回の現場は特殊プラントの為、写真を載せることが出来ないので、工場での配管検査を紹介しようと思います。


今回、化学プラントで使用する配管を製作しました。

材料検査を行い、組立・溶接を行っています。その後、寸法検査を実施します。


今回は客先依頼により配管溶接部の検査がありました。プロの検査会社に工場へ来てもらい、検査の実施です。やはりちょっと緊張感がありました。

まずはPT検査(浸透探傷試験)溶接部に傷や割れなどが無いか検査します。

無事合格です。

続いてRT検査(放射線透過試験)溶接内部の溶け込み不良などを確認するレントゲン検査です。表面ではなく内部の欠陥が判定できます。


放射線で検査していくため作業場所半径5m以内は立入禁止となります。ちょっと怖いですね。

レントゲン写真確認中です。この時はもうドキドキしています。

無事合格し、ホッとしました。

最後の気密試験です。内部に空気・窒素を充填させ試験圧力をかけ、漏洩が無いか確認します。これも無事合格です。


すべての検査に合格し、やっと客先に納品することが出来ます。一つの物作りでも確認・検査はとても重要ということを再認識できました。

あとは現地での取り付けです!


安全作業で頑張ります。ご安全に!!



株式会社 楓和工業 では新たな人材を募集しています。

ホームページでも求人情報、募集要項がご覧いただけます。ハローワークからの応募も可能です!


★LINEからの求人応募も可能です!

https://works.do/R/ti/p/fuwa.kanri@fuwa-k


【 配管工/据付工/溶接工/機械据付およびメンテナンス など】

お気軽にお問合せください。