工事現場仕事の内容

 

こんにちは。

株式会社楓和工業 社員 Tです。


休日は新型コロナウイルス感染が怖く外出したくないので、

不要な家具を廃棄して部屋を広くしようと、終日片付けをしています。


けれど、全然片付かない!


原因は『古くなったから捨てたと』言って新しく買いなおしている奥さん。

支出が恐ろしく増えたので注意したところ、今度は【ジモティー】という

サイトで家具を無料でもらってきます。

う~ん。便利な世の中ですね……。


今回の内容は、現場での仕事内容をブログにします。




1)朝礼(ラジオ体操→ミーティング)

危険予知活動(KYK)、リスクアセスメント(RA)と言われる活動で、作業現場で起こりうる労働災害を未然に防ぐよう、責任者を中心に全員で話し合い、危険に関する感受性を高め、作業に入ります。



2)工程会議(朝会)

作業前に現場責任者が客先殿とのミーティングを実施。当日の作業内容などを発表して、他社との作業間調整、操業との最終調整を行います。※前日の夕会で(進捗状況、翌日作業内容を打合せ)調整した内容の確認です。他社との調整があるので、当日の工程をしっかり検討して発表します。



3)機材準備(作業開始)

火を使う作業では事前に可燃物を除去、不燃性シートで養生、重量物を取り扱う作業であれば、吊具設置などを準備します。

機材をしっかり準備さえしておけば、仕事の質とスピードは間違いなくあがります。機材がなければ適正でない機材を代用して、ケガや機械を破損させたり作業がスムーズに進まず焦るなどよくない事ばかり。当日の作業を頭の中で進め、必要な機材をしっかり準備します!


現場ではこんな感じで工事が進んでいきます。

続きは次回ブログにします。





♪株式会社楓和工業 では新たな人材を募集しています。


ホームページでも求人情報、募集要項がご覧いただけます。ハローワークからの応募も可能です!



【配管工/据付工/溶接工/機械据付およびメンテナンス など】

お気軽にお問合せください。