工場製作 初めてのブログ

 

こんにちは!

三重県四日市市の 楓和工業 です。


今回ブログを担当します、工事課 佐藤と申します。

ブログ初体験のうえ、文書力の無い私ですが頑張りますのでよろしくお願いします。


まず今回のテーマですが、悩みに悩みぬいた結果【工場製作】をテーマにしようと思います。


トップは楓和工業の航空写真。約140m×50mの敷地がありますが、忙しい時は製作品で敷地が埋まる時もあります。


①工場製作のスタートは図面の確認からです。

A3またはA4の紙面に寸法や材質などたくさんの情報が詰まった書類の確認です。写真には載せることが出来ませんが、たまにかなり細かく詳細が記載されている図面があります。目と腰がやられる時もありますが気を抜けません!また、図面が多すぎて隣の人の机に雪崩れることもあります。


② 担当者や工場長と相談し、必要な材料の積算や発注をして工場へ仕入れます。複雑な形状のものはCADを使い簡単な図面を作成して発注しています。



③ 製作開始

いよいよ工場での製作開始です。丁度ステンレスの加工・製作をしていたので写真を撮りました。センターでカメラを意識している方がいますが、今回はスルーします。この時期の工場は寒いですが、皆さんバリバリ働き活気に満ち溢れています!女性溶接士も薄いステンレスの板をきれいに溶接し、大活躍です!



④ 製作品出荷

最近、工場で製作した重量物(約7t)の出荷がありました。大型低床トラック(想像以上にボディが長かったです)を工場内にいれ積込を行っていきます。大切な品物なので最後まで気が抜けません!安全に積込が終わり、無事出荷完了しました。工場長をはじめ従業員も一安心した様子でした。

  


今回出荷した製作品は鹿児島県に納品されます。

図面確認からスタートし、担当者・工場長などたくさんの従業員が携わってできた品物が、楓和工業から全国へ納品され活躍していると思うとやはりうれしいですし、やりがいもあります。 



かなり省略して【工場製作】の紹介をさせて頂きました。

次回のブログ更新時には、もっと細かな部分も紹介したいと思います。


2019年も終わりに近づき、寒さもより厳しくなるこの季節。元気に2020年を迎えられるよう、皆様もくれぐれも無理などなさらないよう、ご自愛ください。




メリークリスマス☆