溶接

 

こんにちは!

三重県四日市市にある 株式会社楓和工業 です。


工事部城山の更新です。

   

今回のブログは溶接テストについて書きたいと思います。


先日、C-2F/TN-Fの溶接技能者資格更新のために試験を受けてきました。


【C-2F】

下向きで1層目がティグ溶接で裏波を出して、2層目からはアーク溶接でするコンビネーションの溶接です。


C-2Fテストピース


〈使用材料〉

・125×150×9のSS板

・TGS50 2.4㎜

・LB 47 3.2㎜

隙間を3㎜から4㎜くらい開けると、裏波が出やすいです。


【TN-F】 

下向きでステンレス3㎜板をティグ溶接で裏波を出して仕上げ、ティグ溶接で溶接。


TN-Fテストピース


目違いが起こりやすいので 0.5㎜位、隙間を開けた方が起こりにくいです

SUS308 2㎜溶接棒を使用しました。

バックシールをして溶接をします。


試験中は緊張もあって、手の震えを抑えるのが大変でした。


C-2Pテスト中の工事部、渡辺部長です。


1層目ティグ溶接で2層目からはアーク溶接の試験です。

突合せ溶接より技術と経験が必要な溶接です。




外観検査と曲げ検査をしたら、合格/不合格の通知が会社に通知書が届きます。

合格していることを祈っています。


6月半ばになり、雨が降る日も多くなっています。

ジメジメした暑さが続きますが、熱中症にかからないよう水分や睡眠を十分に取り、二日酔いにならないようお酒も控えて夏を乗り切りましょう!! 


この辺で今回のブログを終わりにしたいと思います。



株式会社 楓和工業 では新たな人材を募集しています。

来月からは高卒求人が始まります!新社会人の皆さん、お待ちしております☆

ホームページでも求人情報、募集要項がご覧いただけます。ハローワークからの応募も可能です!


★LINEからの求人応募も可能です!

https://works.do/R/ti/p/fuwa.kanri@fuwa-k


【 配管工/据付工/溶接工/機械据付およびメンテナンス など】

お気軽にお問合せください。