熱中症対策

New

こんにちは、ご無沙汰しております。

三重県立四日市にある 株式会社楓和工業 工事部の佐藤です。


6月も中盤を過ぎ、本格的に暑くなってきました。

『夏だー!!海だー!!プールだー!』とは残念ながらいきませんね。



この業界、夏は本当に地獄です。

熱中症などのリスクは上がり、仕事の効率は下がってきます。

ですが、建設業/楓和工業は何も対策をしないで夏に挑んではいません。

今回は色々な夏作業の対策を紹介していこうと思います。



まずは会社から支給される熱中症対策セットです。

簡単に塩分チャージできるタブレットや経口補水液・瞬間冷却剤など、熱中症の疑いがあったときに応急処置が出来るセットを各現場に支給されるので、安心です。



次はお客さんが現場に設置している『WBGT計測器』です。

(WBGTとは、「気温・湿度・輻射熱」を用いた温度の指標のひとつです。

Wet-Bulb Globe Temperature index(湿球黒球温度)の略称で、暑さ指数とも呼ばれています。)

WBGTが高い環境では熱中所の恐れがありますが、ある一定の温度・湿度が超えるとメールで連絡が来るため、事前に作業場の環境がわかり対策もしやすくなりました。



続いては、マキタの充電式冷蔵庫です。

なんと、充電式でどこの作業場の近くにも設置できます。

上司が購入してくれたので、いつでも冷たい飲み物が飲め大変重宝しております。ありがたいです。




次は空調服です。

蝉の声より、朝礼時のファンの音を聞くと『あぁ~夏だな』と思うぐらい定番になりました。朝礼からみんなファンを回しているのでモコモコしています。

楓和工業は各個人に支給されるため、これまた重宝しております。

(自分で着て写真撮るのは恥ずかしかったので、娘にきてもらいました。)



最後に、クーレットと言う最強グッズです。

どうしても保護衣を着用しなければならない作業場があります。

この保護衣はサウナスーツじゃないかと思うぐらい暑いです。動かなくても暑いです。そこでこのクーレットを装着しエアーを送ります。クーレットは特殊な技術で生ぬるい風を冷房18℃並みの冷風に変換してくれます。

保護衣は全く通気性が無いので、冷風が常に充満してモコモコになります。夏でも快適に作業が可能になりましたが、たまに寒すぎてクーレットを外す人もいるぐらいです。最強ですね。



他にも紹介しきれない色々な夏の作業対策がありますが、まずは自分の体調管理が一番大事だと思いますし、しんどくても我慢せずに報告・相談出来る環境づくりが大事だと思います。


今年も、空調服・クーレットでモコモコなりながら、夏は汗掻くからちょっと痩せるかな~と甘い思いを抱きながら、暑い夏を乗り切りたいと思います。


皆さんも熱中症に十分お気を付け下さい。ご安全に!








株式会社 楓和工業 では新たな人材を募集しています。

ホームページでも求人情報、募集要項がご覧いただけます。ハローワークからの応募も可能です。


【 配管工/据付工/溶接工/機械据付およびメンテナンス など】

お気軽にお問合せください。